ポールスミスのデザイナー

ポール・スミスは第二次世界大戦後の1946年7月5日、イギリス、ノッティンガム生まれました。

ポールスミスは 少年時代は自転車が好きで、自転車競技のレーサーを目指していたんですね。

しかし、ポールスミスは不慮の事故により自転車レーサーの夢をあきらめる。

ポールスミスは、その後にアートスクールの学生と親しくなって、芸術の世界に引き込まれていくんですね。

ポールスミスは1970年にノッティンガムにショップを開きました。

ポールスミスは、当初はMARGARET HOWELLやKENZOの商品を取り扱っていたんですね。

しかし、ポールスミスは、徐々に自らの名を冠した商品も取り扱い始めました。

ポールスミスは、1976年初ショーをパリで開催して、ポールスミスの名を世に知らしめました。

そして、ポールスミスは、1999年ファッションデザイナーとしてはハーディ・エイミスに続き2人目となる、エリザベス女王からサーの敬称で呼ばれるナイトに叙勲されたことがポールスミス自身尾ブランド力を高めることになったんですね。

ポールスミスの技法はこれまでの既成概念を覆したんですね。

ポールスミスは“ひねりのあるクラッシック”を服飾の中で取り入れ、伝統的な技術、仕立てと遊び心が共存する個性的なものにしていった。

ポールスミスの感性は服飾の分野を飛び越えて、1998年にはローバー社の小型車“Mini”の内外装を手がけたことでも有名ですね。

ポールスミスは、これまでのデザイナーとはちょっと違っているんですね。

ポールスミスは、セレクトショップのバイヤーからスタートしたので、ポールスミスは、デザイン画は書かないんですね。

驚きませんか?

ポールスミスは、全体的なブランドのコンセプトやテーマを考えたりするだけなんです。

そして、ポールスミスの代わりに実際に素材をセレクトしたりデザイン画を書いたりするのはアシスタントデザイナーたちなんです。
ポールスミスは、性格的にも多くのファッションデザイナーとは違い、非常に社交的でユーモアセンスにあふれたビジネスマンなんですね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。